思い(読み)オモイ

デジタル大辞泉「思い」の解説

おもい〔おもひ〕【思い/想い/念い】

ある物事について考えをもつこと。また、その内容。所懐。「年頭の―を述べる」
予想。予期。想像。「―もしない結末
願い。望み。「長年の―がかなう」「―を遂げる」
物思い回想。「秋の夜長に―にふける」
思慕の情。愛情。恋心。「彼女への―が募る」
執念。恨み。「この世に―を残す」
あることを経験してもたらされる感じ。「胸のすく―」「自分だけいい―をする」
(多く名詞の下に付いて)ある対象を気にかけ、大切にする気持ちが特に強いことを表す。「親―の息子」
4の意から》に服すること。また、その期間。喪中
「ちちが―にてよめる」〈古今哀傷・詞書〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android