思い(読み)オモイ

デジタル大辞泉「思い」の解説

おもい〔おもひ〕【思い/想い/念い】

ある物事について考えをもつこと。また、その内容。所懐。「年頭の―を述べる」
予想。予期。想像。「―もしない結末
願い。望み。「長年の―がかなう」「―を遂げる」
物思い回想。「秋の夜長に―にふける」
思慕の情。愛情。恋心。「彼女への―が募る」
執念。恨み。「この世に―を残す」
あることを経験してもたらされる感じ。「胸のすく―」「自分だけいい―をする」
(多く名詞の下に付いて)ある対象を気にかけ、大切にする気持ちが特に強いことを表す。「親―の息子」
4の意から》に服すること。また、その期間。喪中
「ちちが―にてよめる」〈古今哀傷・詞書〉
[類語](1想念思念ねん気持ち感懐感想所懐胸懐心懐胸中心中しんちゅう心事心情心境感慨万感偶感考え思考思索一存

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android