コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思し召す オボシメス

デジタル大辞泉の解説

おぼし‐め・す【思し召す】

[動サ五(四)]《「おもほしめす」の音変化》「思う」の尊敬語。「おぼす」より敬意が高い。
お思いになる。お考えになる。「ばかなやつと―・してお許しください」
心を向けて、大切にお思いになる。お目をかける。愛しなさる。
「昔おはしましける帝の、ただ若き人をのみ―・して」〈・二四四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼしめす【思し召す】

( 動五[四] )
〔「おもほしめす」の転〕
「思う」の尊敬語。
お思いになる。お考えになる。 「哀れと-・してお見逃し下さい」
心をお向けになる。愛しなさる。 「そのみこ、女を-・して/伊勢 43
心の中の動きを示す動詞の上に付けて、その動作主への尊敬の意を加える。「おぼしめしいづ」「おぼしめしたつ」「おぼしめしなげく」など。 〔古くは、天皇や上皇の言葉の中で、自らの動作に用いる場合がある。「御行水をめさばやと-・すはいかがせんずる/平家 3」〕 → おぼす

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思し召すの関連キーワード乍ら

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android