コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思草 おもいぐさ

デジタル大辞泉の解説

おもいぐさ【思草】[書名]

佐佐木信綱の第1歌集。明治36年(1903)刊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

思草 (オモイグサ)

植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物。シオンの別称

思草 (オモイグサ)

植物。ナス科の一年草,薬用植物。タバコの別称

思草 (オモイグサ)

植物。ハマウツボ科の一年生寄生植物,園芸植物,薬用植物。ナンバンギセルの別称

思草 (オモイグサ)

植物。リンドウ科の多年草,園芸植物,薬用植物。リンドウの別称

思草 (オモイグサ)

植物。オミナエシ科の多年草,園芸植物,薬用植物。オミナエシの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の思草の言及

【ナンバンギセル(南蛮煙管)】より

…長い花柄の先に筒形の大きな紅紫色の花をつけ,パイプに似るので南蛮煙管の名がある。《万葉集》には思草(おもいぐさ)の名で出てくる。茎はごく短く,ほとんど地上にでず,黄色から赤褐色で,狭三角形の鱗片状の小さな葉をまばらにつける。…

※「思草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

思草の関連キーワードナンバンギセル(南蛮煙管)佐佐木 信綱伊藤 松雄掛流し思ひ種三五杉原

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思草の関連情報