コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怠状(読み)タイジョウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐じょう〔‐ジヤウ〕【怠状】

[名](スル)
平安後期から鎌倉時代にかけて、罪人に提出させた謝罪状。過状。
自分の過失をわびる旨を書いて人に渡す文書。わび状。あやまり証文。
「たちまちに名符(みゃうぶ)を書きて、文差に差して―を具して」〈今昔・二五・九〉
過ちをわびること。あやまること。謝罪。
「とかく―して許(ゆ)りにけるとかや」〈著聞集・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいじょう【怠状】

過怠を謝る手紙。謝罪状。おこたりぶみ。過状。 「かくばかり名符に-を副へて奉れるに/今昔 25
あやまること。謝罪。 「車より引き落て、さる事いはじやと-せさせて許してけり/十訓 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android