コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恣意性 しいせいarbitraire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恣意性
しいせい
arbitraire

言語の非自然性をさしていう,スイスの言語学者フェルディナン・ド・ソシュールの用語。言語によって歴史的に分類された事物・事象に対する認識は,ヒトという動物の本能による図式には基づいていない。東洋哲学ではこれを「妄想分別」というが,この仮想現実は,特定共時文化内においては必然的・絶対的現実と錯視される。ソシュールは,人間文化の価値観の底に,言語の本質的な「恣意性」に基づく「必然」があるというパラドックスを指摘し,言語記号とこれが生み出す価値との相対性を説明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しい‐せい【恣意性】

《〈フランス〉arbitraireソシュールの用語。言語記号の記号表現(能記)と記号内容(所記)との結びつきが恣意的であるということ。→能記所記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しいせい【恣意性】

ソシュールの用語。言語記号の音声面(能記)と意味内容面(所記)との間には自然な結びつきが存在しないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恣意性の関連キーワード国家管理体制(シンガポールの)シニフィアン/シニフィエソシュール/用語解説批判的リアリズムJ. フランクベッカリーア丸山圭三郎フレーザー限界代替率国民栄誉賞学力テスト操作変数法法の精神村上隆

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恣意性の関連情報