悪の枢軸(読み)あくのすうじく(英語表記)axis of evil

知恵蔵の解説

悪の枢軸

ブッシュ米大統領が、2002年一般教書演説で、イラクイラン北朝鮮の3国を、最も脅威となる国家として非難した言葉。「evil」は、邪悪、罪深い悪を意味する宗教・道義的な非難の言葉。特に歴史を「正」と「悪」の闘争として描く世界像からは、「悪」とは、「正」が闘って絶滅させるべき対象とみなされる。「枢軸」は、第2次大戦の日独伊など、共同して米国に敵対する国々、との含意。ただし3国には「枢軸」と呼ぶほどの連携はない。ブッシュ大統領は、「テロとの戦争」が今後も続くとした上、アフガニスタンに次ぐ武力行使の標的候補をそれら3国に特定。「悪」とした根拠は、(1)テロ支援、(2)大量破壊兵器の保有、(3)人権・自由の抑圧など。米国はイラク政権を軍事打倒したが、大量破壊兵器はなく、9.11テロへの不関与も判明。ブッシュ大統領は、イランと北朝鮮の核開発に対し軍事攻撃を示唆する発言を行った。そのためこうした米国の規定は、武力行使を正当化し、戦火を広げ、友と敵に二分して外交の柔軟性を欠く、など、国際的な批判や反発が強い。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪の枢軸の関連情報