本朝月令(読み)ホンチョウゲツレイ

  • ほんちょうがつりょう
  • ほんちょうげつれい ホンテウ‥
  • ほんちょうげつれい〔ホンテウゲツレイ〕

世界大百科事典 第2版の解説

10世紀に著された年中行事の書。撰者惟宗公方(これむねのきんかた)と伝えられ,公方は《令集解(りようのしゆうげ)》を編した直本(なおもと)の子。4巻とも6巻ともいわれるが,今日残るのは巻二の1巻のみ。《礼記》月令篇をとして編せられた書で,一年間に行われる朝廷儀式行事のそれぞれについて,関係する先例法令伝承などを,六国史や三代の格式その他の文献から引用している。年中行事の古例を知るうえで貴重な書であると同時に,そうした文献のなかには,《弘仁式》《貞観式》などの法令集,《秦氏本系帳》《高橋氏文》などの氏族志逸書があって,それら逸書の逸文宝庫でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「ほんちょうげつれい」ともいい、書名は四季の時候を叙した『礼記(らいき)』の月令からとっているが、内容は年中の公事(くじ)を説いたもの。本朝書籍(しょじゃく)目録に「六巻、或四巻、(惟宗(これむね))公方撰(せん)、記年中公事本縁(由来)」とあり、成立は朱雀(すざく)天皇(在位930~946)ころか。現存するのは4月より6月に至る巻二の1巻のみで、鎌倉時代書写の金沢文庫本(尊経閣(そんけいかく)文庫現蔵)を祖本とする。古今、和漢の多数の書物を引用し、それによって公事の由来を説明する方式をとり、著者自身の説明文はない。しかし引用書のなかには『秦氏本系帳(はたうじほんけいちょう)』など現存しないものも多く、その点で珍重されている。

[今江廣道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

平安中期の有職書。惟宗公方撰か。朱雀・村上両朝の行事を解説し、四巻あるいは六巻とも。巻二に当たるとみられる部分のみ現存。「ほんちょうがつりょう」とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android