コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝月令 ホンチョウゲツレイ

4件 の用語解説(本朝月令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほんちょうげつれい〔ホンテウゲツレイ〕【本朝月令】

平安中期の有職書。もと4巻または6巻。惟宗(これむね)公方著といわれるが未詳。和漢の書から引用し、年中の公事(くじ)の由来を述べたもの。原本は散逸し、1巻のみ残存。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうげつれい【本朝月令】

10世紀に著された年中行事の書。撰者は惟宗公方(これむねのきんかた)と伝えられ,公方は《令集解(りようのしゆうげ)》を編した直本(なおもと)の子。4巻とも6巻ともいわれるが,今日残るのは巻二の1巻のみ。《礼記》月令篇を範として編せられた書で,一年間に行われる朝廷の儀式・行事のそれぞれについて,関係する先例,法令,伝承などを,六国史や三代の格式その他の文献から引用している。年中行事の古例を知るうえで貴重な書であると同時に,そうした文献のなかには,《弘仁式》《貞観式》などの法令集,《秦氏本系帳》《高橋氏文》などの氏族志の逸書があって,それら逸書の逸文の宝庫でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんちょうげつれい【本朝月令】

〔「ほんちょうがつりょう」とも〕
有職書。惟宗これむね公方著というが未詳。平安時代の朝廷の各月ごとの年中行事について、その旧事・由来を説いたもの。4~6月分一巻が残存。もと四巻あるいは六巻か。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝月令
ほんちょうがつりょう

「ほんちょうげつれい」ともいい、書名は四季の時候を叙した『礼記(らいき)』の月令からとっているが、内容は年中の公事(くじ)を説いたもの。本朝書籍(しょじゃく)目録に「六巻、或四巻、(惟宗(これむね))公方撰(せん)、記年中公事本縁(由来)」とあり、成立は朱雀(すざく)天皇(在位930~946)ころか。現存するのは4月より6月に至る巻二の1巻のみで、鎌倉時代書写の金沢文庫本(尊経閣(そんけいかく)文庫現蔵)を祖本とする。古今、和漢の多数の書物を引用し、それによって公事の由来を説明する方式をとり、著者自身の説明文はない。しかし引用書のなかには『秦氏本系帳(はたうじほんけいちょう)』など現存しないものも多く、その点で珍重されている。[今江廣道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本朝月令の関連キーワード公事根源九条年中行事荊楚歳時記建武年中行事年中行事年中行事の障子当山年中行事条々年中行事障子年中行事秘抄School Calendar

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone