コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惣地頭 そうじとう

3件 の用語解説(惣地頭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惣地頭
そうじとう

(1) 鎌倉時代庶子分割相続された小地頭職を統轄支配した惣領地頭。 (2) 鎌倉時代,主として西国に補任された関東の有力御家人で,在地土豪の小地頭の上におかれた。多くは短期間で交代し,任地に下向する者も少なかったので,得分権化し,支配関係が生じることはまれであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうじとう【惣地頭】

中世,一定地域の地頭を統轄する職,またその人物をいう。例えば常陸国南郡惣地頭や若狭国遠敷(おにゆう)・三方両郡惣地頭職の場合のように,郡内の荘郷地頭とは別に郡全体に対してなんらかの知行権を有する場合や,郡内の荘郷地頭を集中的に知行し,それらの地頭職の総称としてこれを惣地頭と呼ぶ場合があった。ただし鎌倉時代には惣領制との関連で,所領を分割相続した庶子たちの有した小地頭(こじとう)を統轄して幕府の軍役・番役を勤仕する一族の嫡子をとくに惣地頭もしくは惣領地頭と称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

惣地頭
そうじとう

鎌倉幕府が補任(ぶにん)した地頭の一形態。初期には関東や陸奥において、郡単位の広域に置かれた地頭をいった。その後、建久年間(1190~1199)以降、鎮西(ちんぜい)で小規模領主である名主(みょうしゅ)層が名主職(しき)や地頭職を幕府から安堵されるようになると、これらを統轄するため、重複する地域に東国の有力御家人が惣地頭として補任され、惣地頭―小地頭(こじとう)という関係が成立した(『御成敗式目』38条)。この意味の惣地頭は鎮西独特のものである。
 なお、鎮西以外で郡単位で任じられた地頭を惣地頭という場合があるが、中小規模の荘郷地頭を統轄し、相互に連合せしめる機能をもつという点では共通している。また、武士団一族内部で惣領を意味する地頭も惣地頭といわれる場合があるが、上記のそれとは性格が異なる。[木内正広]
『鈴木國弘著『在地領主制』(1980・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の惣地頭の言及

【別納】より

…平安後期から鎌倉期においては,開発その他の由緒によって特定の領主に庁宣や下文を与え,国衙使等の入部を止めるなどの特権を付与したことをいう。鎌倉時代の九州では,国御家人の所領を安堵したうえで,より広域的に東国御家人に地頭職を付与し,いわゆる小地頭と惣地頭の重層的関係が成立していたが,惣地頭が小地頭の権限を侵すときは,小地頭に別納の下文を与え,惣地頭の支配外におくこととされていた(《御成敗式目》38条)。【工藤 敬一】。…

※「惣地頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

惣地頭の関連情報