愚民政策(読み)ぐみんせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愚民政策
ぐみんせいさく

人民大衆の批判意識を抑えて体制に服従させるためにとられる政策の一つである。民衆を非識字状態にとどめておく教育政策や民衆に正しい情報を伝えない報道管制などはこの政策の典型といえる。だが民衆の皮相浅薄な好みを満足させ,彼らを脱政治的な生活意識のなかに埋没させる政策こそは,最も巧妙な民政策といえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐみんせいさく【愚民政策】

為政者や支配層がその権力を独占的に維持し強化すべく,民衆や被支配層の政治的・文化的な覚醒を妨げ,また政治批判能力の形成を抑止するために採用する一連の政治的術策をしばしば愚民政策とよぶ。そこでは支配層は被支配層との身分的・能力的ないし民族的な異質性を意識しながらも,ある場合にはそれを隠蔽し,ある場合にはことさらそれを強調することによって,被支配者の諸種の政治的関与の可能性を最小限化しようとする。愚民政策の背景には,一方でそもそも人民は愚かな存在にすぎないという素朴な愚民観,他方で個々の人間は可能性として主体的存在であり,時に賢民たりうるという屈折した賢民観がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐみんせいさく【愚民政策】

為政者が民衆を無知・無教養の状態におしとどめ、その批判力を奪い、支配体制の維持を図ろうとする政策。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐみん‐せいさく【愚民政策】

〘名〙 為政者が、その権力を維持、強化しようとして、人民の政治に対する批判力を弱めるためにとる政策のこと。たとえば、娯楽やスポーツに関心を向けさせることによって無意識のうちに体制に順応させるような施策

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚民政策の関連情報