コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛洲日向守移香斎 あいすひゅうがのかみいこうさい

1件 の用語解説(愛洲日向守移香斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛洲日向守移香斎
あいすひゅうがのかみいこうさい

[生]享徳1(1452).志摩/日向
[没]天文7(1538)
剣道愛洲陰流の始祖。移香を惟孝 (いこう) とする書も多い。熊野海賊の一党,伊勢愛洲氏の出身で,若い頃九州,関東に遊び,さらに家業の出稼ぎとして明国あたりまで渡航したことがある。 36歳のとき日向鵜戸 (うど) の岩屋に参籠して満願の未明,神により猿 (さる) の形で兵法の奥義を示した一巻の書を授けられ,刀法の極意を感得したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛洲日向守移香斎の関連キーワード階乗志摩享徳三重県志摩市志摩町片田三重県志摩市志摩町御座三重県志摩市志摩町越賀三重県志摩市志摩町和具愛洲惟孝月湖(1)貞末

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone