瞭然(読み)りょうぜん

精選版 日本国語大辞典「瞭然」の解説

りょう‐ぜん レウ‥【瞭然】

〘形動タリ〙 はっきりとしているさま。明らかなさま。明白歴然
※信長記(1622)六「君々たり臣々たる事、(レウゼン)としていにしへの兵道も、かくこそ有けめと」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「幻術もて、千里の外も瞭然(リャウゼン)たる、曚雲をいかにせん」 〔白孔六帖〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「瞭然」の解説

りょう‐ぜん〔レウ‐〕【瞭然】

[ト・タル][文][形動タリ]はっきりしていて疑いのないさま。明白であるさま。「瞭然たる事実」「一目瞭然
[類語]はっきりくっきりありありまざまざしか明らかきわやか定かさやか鮮やか明瞭めいりょう鮮明分明顕著顕然歴然歴歴亮然りょうぜん判然画然かくぜん截然せつぜん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「瞭然」の解説

【瞭然】りようぜん

瞭焉

字通「瞭」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android