瞭然(読み)りょうぜん

精選版 日本国語大辞典「瞭然」の解説

りょう‐ぜん レウ‥【瞭然】

〘形動タリ〙 はっきりとしているさま。明らかなさま。明白。歴然。
信長記(1622)六「君々たり臣々たる事、(レウゼン)としていにしへの兵道も、かくこそ有けめと」
読本椿説弓張月(1807‐11)続「幻術もて、千里の外も瞭然(リャウゼン)たる、曚雲をいかにせん」 〔白孔六帖〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「瞭然」の解説

りょう‐ぜん〔レウ‐〕【瞭然】

[ト・タル][文][形動タリ]はっきりしていて疑いのないさま。明白であるさま。「瞭然たる事実」「一目瞭然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android