コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感ずる カンズル

3件 の用語解説(感ずるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん・ずる【感ずる】

[動サ変][文]かん・ず[サ変]
外からの刺激のために、感覚器官にある感覚を起こす。「空腹を―・ずる」「暑さを―・ずる」
心の中にある種の気持ちを持つ。「うれしく―・ずる」「必要を―・ずる」「―・ずるところがあって」
心を動かされる。感動する。「深く―・じさせる演説」「善行に―・ずる」
計測器などが反応する。「地震計に―・ずる」
病気に感染する。
「いつどんな病に―・じて、こんな風に死ぬるかもしれないと」〈鴎外・妄想〉
感心してほめたたえる。
「平家、船ばたをたたいて―・じたり」〈平家・一一〉
前世の行為の報いが現れる。
「殺生の罪は現報を―・ずるなりと知るべし」〈今昔・九・二一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

感ずる

「感じる」と「感ずる」の二様がある。両者とも誤りではないが、「感ずる」は文語の名残で、今は「感じる」が主流。他に、「信じる」と「信ずる」、「命じる」と「命ずる」、「通じる」と「通ずる」などもある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんずる【感ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 かん・ず
刺激をとらえて、ある感覚を生ずる。 「寒いと-・ずる」 「痛みを-・ずる」 「春を-・ずる」 「無くても不便を-・じない」
物や事に触れて、ある気持ちや感情を心にもつ。心に刻み付ける。 「何かおかしいと-・ずる」 「親しみを-・ずる」
強く心が動かされる。感動する。 「意気に-・ずる」 「 - ・ずるところがあって酒をやめた」
計器などが反応を示す。 「放射能を-・ずる」
病気に感染する。 「愛馬突然虎烈剌コレラ病に-・じて/花柳春話 純一郎
神仏などが認めて、そのしるしが表れる。 「多くの人民を悩ませりしに依て今其の報を-・ぜる也/今昔 6
感心してほめる。 「平家ふなばたをたたいて-・じたり/平家 11

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感ずるの関連キーワード怨ずる姦する観ずる訓ずる煎ずる詮ずる難ずる焙ずる寒ずる展ずる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

感ずるの関連情報