コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悟る/覚る サトル

デジタル大辞泉の解説

さと・る【悟る/覚る】

[動ラ五(四)]
物事の真の意味を知る。はっきりと理解する。「芸の神髄を―・る」
隠されているもの、また自分の運命などについて、それと気づく。感づく。察知する。「危険を―・る」「言外の意を―・る」「失敗を―・られないようにする」「死期を―・る」
仏語。迷い・煩悩(ぼんのう)を去って生死を超えた永遠の真理を会得する。悟りを開く。
[可能]さとれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

悟る/覚るの関連キーワード朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり小知は菩提の妨げ思い半ばに過ぐrealise知解・智解悟り澄ますうんじょう三藐三菩提断惑証理生死の闇無明の闇円実頓悟黙識心通自然悟道成仏得脱思い知る後得智生悟り思ひ得仏心宗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android