コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慕容儁 ぼようしゅん Mu-rong Jun; Mu-jung Chün

2件 の用語解説(慕容儁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慕容儁
ぼようしゅん
Mu-rong Jun; Mu-jung Chün

[生]太興2(319)
[没]光寿4(360)
中国,五胡十六国前燕の第2代王 (在位 348~360) 。慕容こうの子で,その跡を継ぎ,燕王となった。後趙の領土を蚕食,燕元2 (350) 年薊 (けい。北京) を都とした。冉閔 (ぜんびん) 政権を滅ぼし,元璽1 (352) 年に帝位につき,光寿1 (357) 年には薊から河南省の (ぎょう) に遷都した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼようしゅん【慕容儁 Mù róng Jùn】

319‐360
中国,前の初代皇帝。慕容皝の第2子。慕容皝の死後東晋の承認を得て燕王の位を継ぎ,後趙の乱れに乗じて薊城(けいじよう)(北京市)を陥れ,ここに遷都した。つづいて冉閔(ぜんびん)を滅ぼして河北一帯を平定,352年(元璽1)皇帝を称した。さらに河南に進撃して鄴(ぎよう)に遷都し,東晋としばしば衝突した。洛陽に大軍を動員して関中の前秦併呑を企てたが,志を果たさずして病死した。慕容儁は祖父慕容廆,父慕容皝の政策を継承して中国文化を愛好し,学校を興し,みずから著述を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の慕容儁の言及

【燕】より

…慕容部は東北地方シラ・ムレン上流に起こり,西晋の滅亡を機に鮮卑系他部族や高句麗,扶余を制圧して遼東・遼西方面を支配した。4世紀半ば慕容儁(ぼようしゆん)(319‐360,在位348‐360)は後趙の内乱に乗じて河北地方に進入,薊城(北京付近)を首都として燕帝国を建てた(前燕。352‐370,のち鄴に遷都)。…

※「慕容儁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慕容儁の関連キーワード睿宗西燕前燕慕容垂太宗慕容忽必烈故国原王慕容皝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone