慰安(読み)いあん

精選版 日本国語大辞典「慰安」の解説

い‐あん ヰ‥【慰安】

〘名〙 心をなぐさめ、労をねぎらうこと。また、心がなぐさめられるような感じや事柄
※泰西勧訓蒙(1873)〈箕作麟祥訳〉四「仁愛は〈略〉不幸なる者を安するにあり」 〔漢書‐魏相伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「慰安」の解説

い‐あん〔ヰ‐〕【慰安】

[名](スル)心をなぐさめ、労をねぎらうこと。また、そのような事柄。「従業員を慰安する」「慰安旅行」
[類語]慰めるいたわる慰藉いしゃ慰問見舞いねぎらう慰労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「慰安」の解説

【慰安】い(ゐ)あん

慰め安んずる。〔後漢書、劉焉伝〕(、本(もと)善るを以て、人をはして之れを慰安す。魯、ち家屬と出で(むか)ふ。

字通「慰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android