労る(読み)イタワル

デジタル大辞泉の解説

いたわ・る〔いたはる〕【労る】

[動ラ五(四)]

㋐弱い立場にある人などに同情の気持ちをもって親切に接する。気を配って大切に世話をする。「病人を―・る」
㋑労をねぎらう。慰労する。「選手を―・る」
㋒手当てを加える。養生する。「からだを―・る」

㋐苦労する。骨を折る。
「死(みまか)りて後、人に―・らしむることなけむ」〈北野本皇極紀〉
㋑病気になる。わずらう。
「七月ばかりより―・ることありて」〈浜松・五〉
[可能]いたわれる
慰める用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたわる【労る】

( 動五[四] )
困っている人や病人などに同情の気持ちをもってやさしく接する。大事にする。 「年寄りを-・る」 「患者を-・る」
慰労する。苦労をねぎらう。 「部下を-・る」
養生をする。 「病の身を-・る」
苦心する。骨折る。 「心ことに設けの物など-・りてし給へ/宇津保 俊蔭
病気になる。 「日ごろ-・る所侍りて院にも内にも参り侍らぬ/宇津保 国譲下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労るの関連情報