労る(読み)イタワル

デジタル大辞泉「労る」の解説

いたわ・る〔いたはる〕【労る】

[動ラ五(四)]

㋐弱い立場にある人などに同情の気持ちをもって親切に接する。気を配って大切に世話をする。「病人を―・る」
をねぎらう。慰労する。「選手を―・る」
手当てを加える。養生する。「からだを―・る」

㋐苦労する。を折る。
みまかりて後、人に―・らしむることなけむ」〈北野本皇極紀〉
㋑病気になる。わずらう。
「七月ばかりより―・ることありて」〈浜松・五〉
[可能]いたわれる
慰める[用法]
[類語]慰める慰安慰藉いしゃ慰問見舞いねぎらう慰労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android