コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労る イタワル

デジタル大辞泉の解説

いたわ・る〔いたはる〕【労る】

[動ラ五(四)]

㋐弱い立場にある人などに同情の気持ちをもって親切に接する。気を配って大切に世話をする。「病人を―・る」
㋑労をねぎらう。慰労する。「選手を―・る」
㋒手当てを加える。養生する。「からだを―・る」

㋐苦労する。骨を折る。
「死(みまか)りて後、人に―・らしむることなけむ」〈北野本皇極紀〉
㋑病気になる。わずらう。
「七月ばかりより―・ることありて」〈浜松・五〉
[可能]いたわれる
慰める用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたわる【労る】

( 動五[四] )
困っている人や病人などに同情の気持ちをもってやさしく接する。大事にする。 「年寄りを-・る」 「患者を-・る」
慰労する。苦労をねぎらう。 「部下を-・る」
養生をする。 「病の身を-・る」
苦心する。骨折る。 「心ことに設けの物など-・りてし給へ/宇津保 俊蔭
病気になる。 「日ごろ-・る所侍りて院にも内にも参り侍らぬ/宇津保 国譲下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

労るの関連キーワード物申し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労るの関連情報