コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慰める ナグサメル

デジタル大辞泉の解説

なぐさ・める【慰める】

[動マ下一][文]なぐさ・む[マ下二]
何かをして、一時の悲しみや苦しみをまぎらせる。心を楽しませる。心をなごやかに静める。「失意の友を―・める」「音楽に―・められる」
労をねぎらう。いたわってやる。
「下向には京へ寄りて、四、五日も―・め」〈浮・五人女・二〉
なだめる。すかして落ち着かせる。
「とかく―・めて、とく来(こ)といひやりたるに」〈・二五〉
[用法]なぐさめる・いたわる――「病人を慰める(いたわる)」「老母める(いたわる)」など、やさしく接する意では相通じて用いられる。◇「なぐさめる」「いたわる」ともに、相手を大切にして元気づけることだが、心の悩みについては「なぐさめる」、肉体の苦しみについては「いたわる」を使う傾向がある。「心(寂しさ)をなぐさめる」「病身をいたわる」◇類似の語「ねぎらう」は、仕事や労苦に対して感謝の気持ちを示すことであり、多く目下に対して使う。「徹夜した部下をねぎらう」は「いたわる」でもよいが、「病身の老母をいたわる」に「ねぎらう」は使えない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なぐさめる【慰める】

( 動下一 ) [文] マ下二 なぐさ・む
悲しんだり苦しんだりしている人に、やさしい言葉をかけたりして心をなごやかにさせ、静まらせる。 「気の毒で、-・める言葉もない」 「花をおくって病床の友を-・める」
心にうるおいを与えたり、楽しませたりする。 「バッハの音楽が私の心を-・めてくれる」
心の波立ちを静める。 「物笑ひに堪へぬはすべり出でてなむ-・めける/源氏 行幸
労をねぎらう。いたわる。 「下向には京へ寄て四五日も-・め/浮世草子・五人女 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

慰めるの関連キーワード病気見舞い・病気見舞ワーニャ伯父さん索漠・索莫・索寞花祭(民俗)ヨハネ黙示録嘉瀬の奴踊打ち詫びる勇め・慰め詩を祭る後賑はし後を弔う心遣り所俊良主節マレルブ弔い合戦須磨琴気慰み朝妻船父の日御伽衆

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慰めるの関連情報