コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慰める ナグサメル

2件 の用語解説(慰めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なぐさ・める【慰める】

[動マ下一][文]なぐさ・む[マ下二]
何かをして、一時の悲しみや苦しみをまぎらせる。心を楽しませる。心をなごやかに静める。「失意の友を―・める」「音楽に―・められる」
労をねぎらう。いたわってやる。
「下向には京へ寄りて、四、五日も―・め」〈浮・五人女・二〉
なだめる。すかして落ち着かせる。
「とかく―・めて、とく来(こ)といひやりたるに」〈・二五〉
[用法]なぐさめる・いたわる――「病人を慰める(いたわる)」「老母を慰める(いたわる)」など、やさしく接する意では相通じて用いられる。◇「なぐさめる」「いたわる」ともに、相手を大切にして元気づけることだが、心の悩みについては「なぐさめる」、肉体の苦しみについては「いたわる」を使う傾向がある。「心(寂しさ)をなぐさめる」「病身をいたわる」◇類似の語「ねぎらう」は、仕事や労苦に対して感謝の気持ちを示すことであり、多く目下に対して使う。「徹夜した部下をねぎらう」は「いたわる」でもよいが、「病身の老母をいたわる」に「ねぎらう」は使えない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なぐさめる【慰める】

( 動下一 ) [文] マ下二 なぐさ・む
悲しんだり苦しんだりしている人に、やさしい言葉をかけたりして心をなごやかにさせ、静まらせる。 「気の毒で、-・める言葉もない」 「花をおくって病床の友を-・める」
心にうるおいを与えたり、楽しませたりする。 「バッハの音楽が私の心を-・めてくれる」
心の波立ちを静める。 「物笑ひに堪へぬはすべり出でてなむ-・めける/源氏 行幸
労をねぎらう。いたわる。 「下向には京へ寄て四五日も-・め/浮世草子・五人女 2

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慰めるの関連キーワード赤める翳める皺める高める弛める悩める低める弱める平める辞める

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慰めるの関連情報