コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸巣 カケス

デジタル大辞泉の解説

かけ‐す【懸巣】

カラス科の鳥。全長33センチくらい。体はぶどう色で、頭に黒い縦斑、翼の一部に白・黒・水色の斑があり、尾は黒い。山林にすみ、しわがれた声で鳴き、他の鳥獣の鳴きまねもする。樹上に枯れ枝などで杯形の巣をかけるところからいう。かしどり。やまがらす。 秋》「―鳴き遠雲脱げり桜島/秋桜子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かけす【懸巣】

スズメ目カラス科の鳥。全長約33センチメートル。体は淡い葡萄ぶどう色、尾は黒、腰は白、翼は黒・白・青の斑まだらで美しい。他の鳥の声をよくまねる。樫かしの実を好みカシドリの名もある。全国の低山帯で繁殖し、冬は平地でも見られる。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

懸巣 (カケス)

学名:Garrulus glandarius
動物。カラス科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

懸巣の関連キーワードカシドリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android