コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戊子入明記 ぼしにゅうみんき

2件 の用語解説(戊子入明記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戊子入明記
ぼしにゅうみんき

室町時代中期の遣明船の記録。1巻。策彦周良 (さくげんしゅうりょう。 1501~79) 著。応仁2 (1468) 年遣明正使天与清啓が将軍足利義政の命によって渡明したときのことを,天文年間 (1532~55) 明へ渡った周良が抄記したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼしにゅうみんき【戊子入明記】

信濃国開善寺の僧天与清啓が,1468年(応仁2)に渡航した遣明使の正使となったときの記録。過去の先例も参考として含まれている。1巻。進上品,交易品,乗組員の構成,勘合,遣明船の警備等,日明関係の具体的内容を伝える好史料である。京都市妙智院にある原本は清啓自身の筆ではなく,天文期(1532‐55)に2度渡明した策彦周良が参考のために抄録したものと考えられている。《続史籍集覧》所収。【高橋 公明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の戊子入明記の言及

【因島】より

…青陰城をはじめとして現在因島に残る中世の城跡は,ほとんどが村上氏の築城と伝えられる。また1468年(応仁2)に明に渡った天与清啓の記録《戊子入明記》には,渡唐船の一艘として〈隠島熊野丸六百斛〉が記されており,因島が早くから海運の拠点であったことは他の史料からもうかがわれる。村上水軍【外園 豊基】。…

※「戊子入明記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戊子入明記の関連キーワード明庵哲了開善寺信濃路修善寺紙高田与清天与宗性春天与清啓卜阿頼意

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone