コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成吉思汗の秘密

デジタル大辞泉プラスの解説

成吉思汗の秘密

高木彬光の長編歴史推理小説。1958年刊行。神津恭介シリーズ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジンギスカンのひみつ【成吉思汗の秘密】

高木彬光の長編推理小説。昭和33年(1958)刊行。神津恭介(かみづきょうすけ)シリーズの作品の一つで、病床の神津が、ジンギスカンチンギス=ハン)と源義経は同一人物であったという仮説を証明していく歴史ミステリー。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成吉思汗の秘密
じんぎすかんのひみつ

高木彬光(あきみつ)の歴史推理小説(1958)。盲腸炎の手術後、病床にある名探偵神津恭介(かみづきょうすけ)が友人の推理作家を相手に、蒙古(もうこ)の英雄成吉思汗=義経(よしつね)説を詳細に検討して、一人二役のトリックを立証する。衣川で死んだ義経の最期に確証はあるのか、源氏の白旗と成吉思汗の白旗は偶然の一致かなどなど、本格推理小説の謎(なぞ)解きと分析の手法を史実に応用して、文献の検討だけで真相に迫っていく論理の操作はみごとで、結論に超論理的飛躍があるのが惜しまれるが、歴史の定説に挑戦した異色のミステリーである。[厚木 淳]
『『成吉思汗の秘密』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

成吉思汗の秘密の関連キーワード高木 彬光チンギス成吉思汗

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android