コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成吉思汗の秘密

3件 の用語解説(成吉思汗の秘密の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

成吉思汗の秘密

高木彬光の長編歴史推理小説。1958年刊行。神津恭介シリーズ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジンギスカンのひみつ【成吉思汗の秘密】

高木彬光の長編推理小説。昭和33年(1958)刊行。神津恭介(かみづきょうすけ)シリーズの作品の一つで、病床の神津が、ジンギスカンチンギス=ハン)と源義経は同一人物であったという仮説を証明していく歴史ミステリー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成吉思汗の秘密
じんぎすかんのひみつ

高木彬光(あきみつ)の歴史推理小説(1958)。盲腸炎の手術後、病床にある名探偵神津恭介(かみづきょうすけ)が友人の推理作家を相手に、蒙古(もうこ)の英雄成吉思汗=義経(よしつね)説を詳細に検討して、一人二役のトリックを立証する。衣川で死んだ義経の最期に確証はあるのか、源氏の白旗と成吉思汗の白旗は偶然の一致かなどなど、本格推理小説の謎(なぞ)解きと分析の手法を史実に応用して、文献の検討だけで真相に迫っていく論理の操作はみごとで、結論に超論理的飛躍があるのが惜しまれるが、歴史の定説に挑戦した異色のミステリーである。[厚木 淳]
『『成吉思汗の秘密』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成吉思汗の秘密の関連キーワード悪魔の火祭霧の罠黒魔王古代天皇の秘密灰の女白妖鬼羽衣の女人蟻白魔の歌邪馬台国の秘密

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone