成田三樹夫(読み)なりた みきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田三樹夫 なりた-みきお

1935-1990 昭和時代後期の映画俳優。
昭和10年1月31日生まれ。俳優座養成所をへて,昭和38年大映に入社,39年「殺(や)られる前に殺れ」でデビュー。個性的な悪役で知られた。代表作は「座頭市地獄旅」「仁義なき戦い・広島死闘篇」「柳生(やぎゅう)一族陰謀」など。平成2年4月9日死去。55歳。山形県出身。山形大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成田三樹夫の関連情報