コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成箇郷帳 ナリカゴウチョウ

百科事典マイペディアの解説

成箇郷帳【なりかごうちょう】

地方三帳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なりかごうちょう【成箇郷帳】

取箇郷帳,単に郷帳ともいう。江戸幕府代官所,大名預所において成箇(取箇,年貢)および定納物の額を村ごとに記載し,毎年12月までに勘定所に提出した帳簿。1649年(慶安2)創始。本途,見取,反高,流作場の高反別と取箇,5ヵ年の厘,および小物成,高掛物,定納の運上・冥加(みようが)を記し,口米永,出目米,延米や年々増減ある諸運上,分一(ぶいち),臨時物は記載しない。知行渡の際,村により免の高下があっても物成の過不足がないよう高に結ぶためであり,知行の基礎台帳の性格ももつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成箇郷帳
なりかごうちょう

取箇(とりか)郷帳ともいう。地方(じかた)三帳の一つ。取箇(年貢)ならびに上納額の定まった小物成(こものなり)(雑税)を記した徴収基本台帳。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

成箇郷帳の関連キーワード年貢割付状取箇郷帳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android