コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦慄く ワナナク

デジタル大辞泉の解説

わなな・く【戦慄く】

[動カ五(四)]
恐怖・緊張・寒さなどのためにからだがふるえる。「怒りのあまり―・く」
声や楽器の音などがふるえる。
「ただ泣きに泣きて御声の―・くもをこがましけれど」〈・行幸〉
ちぢれる。そそける。
「髪なども…所々―・きちりぼひて」〈・八三〉
動揺する。ざわざわと動く。
「下﨟の物見むと、―・き騒ぎ」〈落窪・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わななく【戦慄く】

( 動五[四] )
寒さ・恐怖・発熱などのために体が小刻みに震える。おののく。 「恐怖に-・く」
楽器の音や声が、細かく震える。 「神楽の笛の面白く-・き吹きすまされて/枕草子 142
ざわざわする。 「下﨟の物見むと、-・き騒ぎ笑ふこと限りなし/落窪 2
乱れる。 「ところどころ-・きちりぼひて/枕草子 83

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

戦慄くの関連キーワードきちり枕草子

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦慄くの関連情報