戦慄く(読み)ワナナク

デジタル大辞泉「戦慄く」の解説

わなな・く【戦慄く】

[動カ五(四)]
恐怖・緊張・寒さなどのためにからだがふるえる。「怒りのあまり―・く」
声や楽器の音などがふるえる。
「ただ泣きに泣きて御声の―・くもをこがましけれど」〈・行幸〉
ちぢれる。そそける。
「髪なども…所々―・きちりぼひて」〈・八三〉
動揺する。ざわざわと動く。
「下﨟の物見むと、―・き騒ぎ」〈落窪・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android