(読み)アジャラ

デジタル大辞泉の解説

あじゃら【戯】

おどけ。たわむれ。冗談。かりそめ。
「―が誠になるわいな」〈伎・幼稚子敵討〉

ぎ【戯〔戲〕】[漢字項目]

常用漢字] [音](慣) ゲ(慣) [訓]たわむれる ざれる
面白半分にふざける。「戯画戯書戯文悪戯嬉戯球戯児戯遊戯
芝居。演劇。「戯曲
[難読]悪戯(いたずら)戯作(げさく)戯歌(ざれうた)戯言(ざれごと・たわごと)巫山戯(ふざけ)

げ【戯】[漢字項目]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あじゃら【戯】

ふざけること。たわむれ。冗談。戯れ。 「 -が誠になるわいな/歌舞伎・幼稚子敵討」
[句項目] 戯にも

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戯の関連情報