コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得再分配 ショトクサイブンパイ

世界大百科事典 第2版の解説

しょとくさいぶんぱい【所得再分配】

市場機構によって決定される所得の分配(所得分配)を,なんらかの目的に基づいて分配しなおすこと。経済政策は直接的であれ間接的であれ,いずれも所得再分配という機能を営んでいる。所得移転を本来の目的としている所得再分配政策は,一般に機会の均等,最低生活の保障,生活の安定に資するために講じられる。義務教育,地方交付税国庫支出金社会保障,低開発国援助などがその例である。他方完全雇用政策・公共投資あるいは市場価格の直接規制・操作(公共料金規制,米価支持,最低賃金,家賃統制,輸入関税),さらには公共財源の調達・発行(租税社会保険料,国債)などによっても所得は間接的に再分配される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

所得再分配の関連キーワード課税ベースの広い大型間接税新国際経済秩序受益者負担原則デフレーションネオファシズム均衡予算主義ポピュリズム子どもの貧困修正資本主義新自由主義富の再分配贈与経済学負の所得税機能的財政開発投資ジニ係数財政政策税源配分公的年金富裕税法

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所得再分配の関連情報