コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襅/千早 チハヤ

デジタル大辞泉の解説

ちはや【×襅/千早】

巫女(みこ)や台所仕事をする女性のかけた、たすき。
巫女先払い神人などが着る服。白布に花鳥草木を青摺(あおず)りにした袖無し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちはや【襅】

神事に奉仕するものが衣服の上に着ける白衣。たとえば大嘗会(だいじようえ)のさいに,神饌(しんせん)や陪膳(ばいぜん)に奉仕する女官(采女(うねめ))の装束では,白の小袖に紅の切袴(きりばかま),これに絵衣(えぎぬ)という白地に草花模様を泥絵で描いた(うちき)様の衣を着け,さらに波衣(なみごろも)という薄縹(はなだ)に白く青海波をあらわした唐衣(からぎぬ)様の短衣を重ね,その上に襅を打ちかけて着るのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

襅/千早の関連キーワード脛巾裳手無肩衣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android