コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手盛(り) テモリ

デジタル大辞泉の解説

て‐もり【手盛(り)】

自分自身で食べ物を食器に盛ること。「手盛りの飯」
自分勝手に自己の利益を図ること。→御手盛(おても)り
「郎中の官でありつる春と云ふ者を、―に丞相にないたほどに」〈史記抄・淮南衡山伝〉
計略。策略。
「泣き沈むを無理やりに番屋へ押し込み、―を食うて伝八が外からしゃんと閉めくくり」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

手盛(り)の関連キーワード役員退職慰労金ケア・プラン国民参政会手盛り八杯徐樹錚御手盛モンケ手盛り装い

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android