手盛(り)(読み)テモリ

デジタル大辞泉の解説

て‐もり【手盛(り)】

自分自身で食べ物を食器に盛ること。「手盛りの飯」
自分勝手に自己の利益を図ること。→御手盛(おても)り
「郎中の官でありつる春と云ふ者を、―に丞相にないたほどに」〈史記抄・淮南衡山伝〉
計略。策略。
「泣き沈むを無理やりに番屋へ押し込み、―を食うて伝八が外からしゃんと閉めくくり」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐ざかり【手盛】

〘名〙 技芸的にもっともさかんな年代。
風姿花伝(1400‐02頃)七「年年去来とは、幼かりしときの粧ひ、初心の時分のわざ、てざかりの振舞、年寄りての風体」

て‐もり【手盛】

〘名〙
① 自分で自分の食物を食器に盛ること。
※浮世草子・好色一代男(1682)四「めしを手もりに、茄子香の物をもらひて」
② 自分に都合のいいように、物事をとりはからうこと。多く「お手盛り」の形で用いられる。
※杜詩続翠抄(1439頃)九「指揮存顧託 手もりにした也」
③ 自分のはかりごとに自らはまること。→てもりを食(く)う
※俳諧・石車(1691)一「其方手もりのけがとも音信申中にも〈略〉物覚への悪敷菜喰のために是を遣しける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android