コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手継証文 てつぎしょうもん

4件 の用語解説(手継証文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手継証文
てつぎしょうもん

土地財産権の継承を証明する一連の証文をいう。律令の制では土地の売買は,官が公証する形式をとったから,売主が権利者であることは保証されていたが,平安時代に入り,この公証の制度がくずれるや,売主は自分が権利者であることを証明するために,当初の権利者 (たとえば開発領主) から順々にその権利が適法に伝来したことを示すこれまでの譲状,売券 (→沽券 ) などをまとめて買手または譲受人に与えることが行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

手継証文【てつぎしょうもん】

古文書の一種。中世を通じ,主として土地財産の売買譲与などの際,その土地財産とともに,その権利継承の由来を語る,これまでの譲状(ゆずりじょう)や売券(ばいけん)などの一切の旧文書を添える必要があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てつぎしょうもん【手継証文】

古代・中世の土地財産に関する文書。9世紀以降,荘園1荘から洛中の敷地1筆にいたるまで,土地の所有権は売券・譲状・寄進状など,権利移転のときに新・旧所有者間で授受された文書によって保証された。これらを支証または証文と称した。所有者が代わるたびに,その土地の既存の証文類がひとつながりになって,手から手へ渡されたので手継という。その形態は,最も古い証文を奥にして,手前へ新しい証文を継ぎ足し,その継目には改ざんを防ぐために花押が据えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手継証文
てつぎしょうもん

手継券文(けんもん)、連券ともいう。土地所有(または占有)権の移転を証明するために作成された証文(権利書類)を年代順に張り継いだ一連の文書。平安中期から中世を通じてみられる。一つの土地をAからBに譲与すれば譲状(ゆずりじょう)、売却すれば売券(ばいけん)(沽券(こけん))が作成される。新しい権利者は前の権利者から、土地とともに土地に関する一連の文書を受け継ぎ、自分の権利が正当な権原を有するものであることの証明とする。一つの土地が分割されるときには、一方に正文(しょうもん)、他方に案文(あんもん)(写(うつし))が渡され、また、関連文書は引き渡さなかったことを注記するなどの処置がなされる。わが国では土地所有権の存在証明が証文を第一としたことに由来するが、相当長期にわたって権利関係の推移、社会経済状態を考察する好史料である。[羽下徳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の手継証文の言及

【古文書】より

…戸籍も同様で,たとえば〈庚午年籍〉は永久保存されるべきものであった。(b)の場合としては,土地財産の売買・譲与・寄進などに当たって授受される手継証文(手継券文ともいう)がある。これは土地財産権の存在を証明するものとして,その移転にともなって作成された売券譲状寄進状をつぎつぎ集積していったものである。…

【売券】より

…それを具体的に立証するために,その対象物が売主の所有に至るまでの,過去の売券や譲状(ゆずりじよう)などの証文を一巻の巻物として,売券に添えて買主に渡すことが,売買における必須の手続であった。この巻物を当時〈手継証文(てつぎしようもん)〉〈本公験(ほんくげん)〉などと称した。中世では火事・盗難・戦乱などにより,手継証文などがしばしば紛失したので,売主はその事情を明記した文書を作り,これに在地の役人や有力者の証判を受けた。…

※「手継証文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手継証文の関連キーワード挙状分筆所領物上財産管理財産管理権東寺文書日本知的財産仲裁センター永代売証判

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone