コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

才の男 ザエノオノコ

デジタル大辞泉の解説

ざえ‐の‐おのこ〔‐をのこ〕【才の男】

宮中の神楽で、こっけいなしぐさをする人。ざえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざえのおのこ【才の男】

神楽かぐらの楽人・舞人。猿楽芸を得意とする者で、宮中の神楽などに召され、採物とりもののあとの酒宴に才を披露した。ざえのおとこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

才の男
ざえのおのこ

古代の御神楽(みかぐら)の歌人、楽人をいい、才芸にたけた者の意。「ざいのおのこ」ともいい、採物(とりもの)の歌舞と前張(さいばり)との間で行われた。『楽章類語鈔(しょう)』によると、内侍所御神楽(ないしどころのみかぐら)では統率者である人長(にんじょう)が楽の者や歌人を召し、おのおのに才(ざえ)を演じさせたとある。『うつほ物語』には、才の男が人長の問いに答えて「才名(ざえな)のり」するようすが描かれている。『中右記(ちゅうゆうき)』には、才の男が召され陪従(べいじゅう)の散楽があったと記されているが、『宇治拾遺物語』が描くところでは、このような散楽は滑稽(こっけい)な物真似芸であった。以上からすると、才の男は、芸能にたけた者のことであると思われる。才の男と細男(せいのお)が同一であるとする見解と、そうではないとする説がある。[高山 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

才の男の関連キーワード舞人宮中楽人酒宴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android