コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち靡く ウチナビク

デジタル大辞泉の解説

うち‐なび・く【打ち×靡く】

[動カ四]
草や髪などが、風になびく。
「穂先の蘇枋(すはう)にいと濃きが、朝霧にぬれて―・きたるは」〈・六七〉
人が横になる。
「うつせみの世の人なれば―・き床に臥(こ)い伏し」〈・三九六二〉
強くひきつけられる。
「今更に何をか思はむ―・き心は君に寄りにしものを」〈・五〇五〉
[動カ下二]攻めて服従させる。
「其の勢すでに七百余騎、国中を―・け」〈太平記・三〉

うち‐なびく【打ち×靡く】

[枕]茂った春の草木がなびく意から、「草」「春」にかかる。
「―草香(くさか)の山を夕暮れに」〈・一四二八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちなびく【打ち靡く】

( 動四 )
草・木・髪などが、横になる。なびき伏す。 「 - ・く我が黒髪に霜の置くまでに/万葉集 87
人が横になる。寝る。 「阿騎の野に宿る旅人-・き寝も寝らめやも古いにしえ思ふに/万葉集 46
相手の意に従う。 「さうじみもいささか-・きて思ひ知り給ふこと有るべし/源氏 総角
( 動下二 )
攻撃して服従させる。 「国中を-・け、剰あまつさえ他国へ打越んと/太平記 3

うちなびく【打ち靡く】

( 枕詞 )
春になると草木が伸びてなびく意から「春」に、また、しなやかになびく草の意から地名「草香」にかかる。 「 -春の始めは/万葉集 4360」 「 -草香の山を夕暮にわが越えくれば/万葉集 1428

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

打ち靡くの関連キーワード万葉集草木蘇枋草香

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android