打(ち)開く(読み)ウチヒラク

デジタル大辞泉の解説

うち‐ひら・く【打(ち)開く】

[動カ五(四)]
広々と開けている。うちひらける。
「―・いた高台の、何ひとつ遮るものとてない青空は」〈里見弴・大道無門〉
大きく開く。また、勢いよく開く。「扉を―・く」
山野を開拓する。「荒れ地を―・く」
刀などを横や後ろに振りかざす。
「―・く太刀にて築地の腹に切っ先打ち立てて」〈義経記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android