コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)開く ウチヒラク

デジタル大辞泉の解説

うち‐ひら・く【打(ち)開く】

[動カ五(四)]
広々と開けている。うちひらける。
「―・いた高台の、何ひとつ遮るものとてない青空は」〈里見弴・大道無門〉
大きく開く。また、勢いよく開く。「扉を―・く」
山野を開拓する。「荒れ地を―・く」
刀などを横や後ろに振りかざす。
「―・く太刀にて築地の腹に切っ先打ち立てて」〈義経記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android