コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抉り/刳り エグリ

デジタル大辞泉の解説

えぐり〔ゑぐり〕【×抉り/×刳り】

えぐること。くりぬくこと。
一風変わった趣向で人の意表に出ること。ひねり。うがち。
「女郎もいい男を捨てて、醜夫(ぶをとこ)を見えにするさうだから、人も段々―とやらになったのさ」〈滑・浮世風呂・二〉

くじり【×抉り】

くじること。
くじって穴をあける錐(きり)に似た道具。〈和英語林集成
結び目をほどくのに用いる先のとがった道具。〈和名抄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くじり【抉り】

〔動詞「抉る」の連用形から〕
穴をあけるのに用いる錐きりの一種。
結び目をくじってほどく道具。象牙製で先が錐のようにとがっている。 〔和名抄〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抉り/刳りの関連キーワード打製石斧結び目抉れる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android