コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅亭金鵞 ばいていきんが

7件 の用語解説(梅亭金鵞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅亭金鵞
ばいていきんが

[生]文政4(1821).3.30. 江戸
[没]1893.6.30. 東京
江戸時代後期~明治の滑稽本人情本作者。本名,瓜生政和 (うりゅうまさやす) 。通称,熊三郎。柳剛流の剣客吉田勝之丞の次男で,みずからも剣豪。松亭金水の門に入り,戯作に筆を染め,滑稽本『七偏人』 (1857~63) で名をなし,維新後も雑誌『団団珍聞 (まるまるちんぶん) 』などに拠り戯文を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばいてい‐きんが【梅亭金鵞】

[1821~1893]江戸末期・明治初期の戯作者。江戸の人。本名、瓜生政和。滑稽本「七偏人」、人情本「柳之横櫛」などを執筆。維新後は風刺雑誌「団団珍聞(まるまるちんぶん)」の主筆として活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梅亭金鵞【ばいていきんが】

幕末・明治の戯作(げさく)者。本名瓜生政和。江戸の柳剛流の剣客。松亭金水に入門。勧善懲悪表看板とする人情本と滝亭鯉丈(りゅうていりじょう)調の滑稽(こっけい)本を著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅亭金鵞 ばいてい-きんが

1821-1893 幕末-明治時代の戯作(げさく)者。
文政4年3月生まれ。柳剛流の剣術家。幕臣瓜生(うりゅう)家の養子となり,のち松亭金水(しょうてい-きんすい)に入門,人情本「柳之横櫛(よこぐし)」や滑稽(こっけい)本「七偏人」などをかく。維新後は滑稽風刺雑誌「団団珍聞(まるまるちんぶん)」の主筆となり,「驥尾団子(きびだんご)」を創刊。明治26年6月30日死去。73歳。江戸出身。本姓は吉田。名は政和(まさやす)。通称は熊三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

梅亭金鵞

没年:明治26.6.30(1893)
生年:文政4.3.30(1821.5.2)
幕末の滑稽本作者,明治文明開化期の滑稽雑誌の主筆。本姓吉田,のち瓜生氏。名は政和,通称熊三郎。滑稽本『茶番今様風流』(1849),人情本『柳横櫛』『春宵新話風見草』(刊年未詳)の著があり,幕末の茶番趣味の世相を戯画化した娯楽作品『七偏人』(1857~63)が代表作。明治になって橋爪錦造の変名で滑稽小説シリーズ『寄笑新聞』を刊行し,また滑稽雑誌『団団珍聞』の主筆となった。雑誌『驥尾団子』を創刊,同誌に連載した滑稽小説『妄想未来記』では自由民権運動など新時代の世相を戯画化した。幕末の文芸の手法を明治の出版界へ持ち越した人物である。<参考文献>興津要『異端のアルチザンたち』

(本田康雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばいていきんが【梅亭金鵞】

1821‐93(文政4‐明治26)
幕末の滑稽本作者。本名は瓜生和晴。柳剛流の剣客であったが,25歳で瓜生家の養子となり,戯作を志して松亭金水に入門した。人情本に《柳之横櫛(やなぎのよこぐし)》《春宵風見草(しゆんしようかざみぐさ)》(ともに刊年未詳)があるが,代表作は滑稽本《七偏人(しちへんじん)》(5編15冊,1857‐63)である。滝亭鯉丈(りゆうていりじよう)作《花暦八笑人《滑稽和合人》にならって,江戸末期の遊民の頽廃的生活を描くもので,あくどいくすぐりによる笑いを打ち出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅亭金鵞
ばいていきんが
(1821―1893)

江戸末期から明治への転換期の代表的戯作(げさく)者。本名瓜生政和(うりうまさやす)、通称熊三郎。江戸両国の剣客吉田勝之丞の次男として生まれ、江戸若手剣客中の雄とうたわれた。瓜生家の養子になったのち、戯作者松亭金水(しょうていきんすい)門下になり、『柳之横櫛(やなぎのよこぐし)』などの人情本も執筆したが、自分たち戯作者グループの遊戯生活に取材した滑稽(こっけい)本『妙竹林話七偏人(しちへんじん)』(初編、1857)によって幕末戯作界に地位を確立した。明治にはいり、『西洋新書』『西洋見聞図解』などの西洋紹介書を刊行し、橋瓜錦造の変名で世相風刺戯作『寄笑(きしょう)新聞』を執筆ののち、『団団珍聞(まるまるちんぶん)』『驥尾団子(きびだんご)』などの戯作雑誌に関係し、滑稽小説や戯文を執筆した。[興津 要]
『興津要著『異端のアルチザンたち』(1972・読売新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅亭金鵞の関連キーワード滑稽本七偏人滝亭鯉丈因循姑息開化丼がら胡瓜遣滑稽和合人滑稽画『浮世風呂』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅亭金鵞の関連情報