抵抗材料(読み)ていこうざいりょう(英語表記)electric resistance material

世界大百科事典 第2版の解説

ていこうざいりょう【抵抗材料 electric resistance material】

抵抗に用いられる材料物質にある電圧Eをかけると,ある一定の電流Iが流れるが,このときの電流の流れにくさはE/Iで表すことができる。この値を電気抵抗という。一定の電気抵抗を示す素子は〈抵抗〉と呼ばれ,現代花形であるエレクトロニクスを支える縁の下の力持ち役を果たしている。抵抗の材料には種々の合金あるいは炭素が用いられている。金属中で電流を担っているのは原子から原子へと自由に動きまわっている伝導電子である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android