コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明視距離 めいしきょり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明視距離
めいしきょり

本を読むときなど,対象に目を近づけないと細かいところまでよく見えない。しかし,近づけすぎると目が疲れる。目の疲れは水晶体曲率を変えるための毛様筋が緊張するために生じるので,この緊張が少い距離 (30cmぐらい) で見るのがよいとされ,これが明視距離である。明視距離以内で細かいものを見る仕事を続けると,目の緊張や疲労が蓄積され,近視の原因になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいし‐きょり【明視距離】

目が疲れずに物体をはっきり見つづけることのできる、目と物体との距離。正常な目では約25センチ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

明視距離【めいしきょり】

目が無理をしないで物体を見ることのできる最短距離。ふつう25〜30cmで,拡大鏡の倍率の計算などの場合は便宜上25cmをとる。近視眼ではこれより短く,遠視眼では長い。
→関連項目老眼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

めいしきょり【明視距離】

眼を疲労させずに物体を明らかに見得る眼と物体との距離。正常眼では25~30センチメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明視距離
めいしきょり

あまり目が疲れずに物体をはっきり持続的に見ることができる最短距離をいい、普通は25~30センチメートルぐらいであるが、一般に計算の便宜上、25センチメートルを明視距離としている。物体をはっきり見ることができる最短距離は近点とよばれ、明視距離より短いが、近点では調節および輻輳(ふくそう)(両眼の視線が注視する物体に向かって集合する機能)が極度に行われるので、目が非常に疲れる。その最短距離をそれぞれ調節近点、輻輳近点とよぶ。
 なお、近視眼では明視距離が25センチメートルよりも短く、遠視眼では逆に長くなっている。また、顕微鏡などのレンズの倍率も、25センチメートルの明視距離を使って定義されている。[桑原安治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の明視距離の言及

【老眼】より

… ふつう水晶体の屈折率をジオプトリー(D)という単位で表すが(レンズの焦点距離の逆数で,3Dといえば1/3mの焦点距離のレンズを表す),調節能力は年齢とともに弱くなり,小児では10D以上まで調節能力がある(つまり10cm以内のものも見える)のに,40歳では4D(25cmまで),50歳では1D(1mまで)となり,60歳ではほとんどなくなってしまう。正視の人が眼前25cmの距離(この距離を明視距離という)をはっきり見るためには4Dの調節が必要となるため,4D以上の調節能力がある40歳までは不自由しないが,50歳では1Dしか調節できないため,3Dの調節力が不足する。これが老眼で,この不足を補うためには3Dの凸レンズが必要となる。…

※「明視距離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明視距離の関連キーワード目(め)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android