町飛脚(読み)まちびきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸時代の飛脚の一つ。幕府公用の継飛脚諸大名大名飛脚と並んで,江戸大坂京都の3都を中心に民間で行われた飛脚。元和年間 (1615~24) に大坂の商人が始めたというが,幕府が公認したのは寛文3 (63) 年。中期以降,公営の飛脚の削減,不振にかわって主要な逓送機関となり,地方大都市へも飛脚網が拡大されていった。機能的にも分化し金銀輸送中心の金飛脚 (かねびきゃく) ,書状逓送中心の毎月2の日に出る三度飛脚などがあった。明治4 (1871) 年郵便制度の成立により廃止

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代、民間営業の飛脚。元和元年(一六一五)大坂城定番の諸士が家来を飛脚として江戸に家信を通じ、毎月三度江戸・大坂間を往復したところからこれを三度飛脚といった。大坂商人のうちにこれにならう者があり、寛文三年(一六六三)江戸・大坂・京都の三都の商人が、幕府公許の下に三都往復の飛脚業を開始したのがはじまりで、当時は東海道往復に六日を要したところから「定六」ともいった。その後、金銀逓送をする金飛脚・米価通信の米飛脚などもおこって、幕府公用や諸大名の通信にも関与するなど隆昌をみた。町小使。
※俳諧・柿表紙(1702)上「町飛脚たつけふ切の日数哉〈許六〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸時代の民間経営の飛脚
1663年,江戸・大坂・京都の三都商人が三都間を往復する飛脚業を始め,書状・金銭などを運んだ。東海道往復に6日を要したので「定六 (じようろく) 」,また毎月2の日に3回大坂を発したので「三度屋(三度飛脚)」とも呼ばれた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の町飛脚の言及

【飛脚】より

…馬方のついた幾匹かの馬に1人の宰領がいて指図している。都市内では町飛脚があり通信に当たったが,花柳界の仕事にも多く利用された。この町飛脚は明治期には車夫に転向したが,その姿は新聞売りに残った。…

【郵便】より

…江戸時代になると,幕府の手で全国的な規模でこれらの交通,通信網が整備された。諸国の大名が江戸と領地間に飛脚便を開設する事例もあり,私用のための町飛脚も発達してきた。町飛脚は幕府から定飛脚の免許を受け,東海道を6日かかって運行したことから定六(じようろく)と呼ばれ,毎月3度往復したことから三度飛脚とも呼ばれた。…

※「町飛脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android