コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町飛脚 まちびきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町飛脚
まちびきゃく

江戸時代の飛脚の一つ。幕府公用の継飛脚,諸大名の大名飛脚と並んで,江戸,大坂,京都の3都を中心に民間で行われた飛脚。元和年間 (1615~24) に大坂の商人が始めたというが,幕府が公認したのは寛文3 (63) 年。中期以降,公営の飛脚の削減,不振にかわって主要な逓送機関となり,地方大都市へも飛脚網が拡大されていった。機能的にも分化し金銀輸送中心の金飛脚 (かねびきゃく) ,書状逓送中心の毎月2の日に出る三度飛脚などがあった。明治4 (1871) 年郵便制度の成立により廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まち‐びきゃく【町飛脚】

江戸時代、民間経営の飛脚。幕府の許可を受けて寛文3年(1663)に開業。主に江戸・大坂・京都を中心に全国に普及した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まちびきゃく【町飛脚】

江戸時代、民間営業による飛脚。1663年、幕府の許可を得て営業開始。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

町飛脚
まちびきゃく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の町飛脚の言及

【飛脚】より

…馬方のついた幾匹かの馬に1人の宰領がいて指図している。都市内では町飛脚があり通信に当たったが,花柳界の仕事にも多く利用された。この町飛脚は明治期には車夫に転向したが,その姿は新聞売りに残った。…

【郵便】より

…江戸時代になると,幕府の手で全国的な規模でこれらの交通,通信網が整備された。諸国の大名が江戸と領地間に飛脚便を開設する事例もあり,私用のための町飛脚も発達してきた。町飛脚は幕府から定飛脚の免許を受け,東海道を6日かかって運行したことから定六(じようろく)と呼ばれ,毎月3度往復したことから三度飛脚とも呼ばれた。…

※「町飛脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

町飛脚の関連キーワード宿駅制度江戸時代飛脚問屋挟み箱町回り便り屋定六濡滞

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android