コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挽茶 ひきちゃ

百科事典マイペディアの解説

挽茶【ひきちゃ】

碾(ひき)茶とも書き,抹茶(まっちゃ)ともいう。茶の湯で用いる粉茶。良質の緑茶を蒸してそのまま乾燥・貯蔵し,茶臼でひいて粉末にしたもの。50℃くらいの湯を注ぎ,茶筅(せん)であわ立てて飲む。
→関連項目煎茶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひきちゃ【挽茶】

碾茶とも書き,抹茶ともいう。玉露同様覆下園(おいしたえん)で育てた覆下茶を,揉捻(じゆうねん)することなく,蒸してそのまま乾燥し貯蔵する。この状態の茶葉碾茶(てんちや)と呼び,これを茶臼でひいて粉末にしたものを飲用する。薄茶濃茶こいちや)の別があり,昔は使用される茶葉の部位などによって区別されていたが,現在では濃茶は甘味の多い濃厚なもの,薄茶はややあっさりした味のものになっている。いずれにせよ,使用する茶葉全体を粉末にして飲むので,茶葉の含有する葉緑素,植物繊維,タンニン,ビタミン,カフェインその他,すべての成分を利用することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の挽茶の言及

【緑茶】より

…中国の緑茶は後者による釜炒製で,日本では九州の一部でこの釜炒茶が作られている。 日本緑茶には,煎茶,玉露,挽茶(ひきちや),番茶,玉緑茶などの種類があり,玉緑茶以外はすべて蒸製である。玉緑茶は釜炒製で,佐賀県の嬉野(うれしの)茶,熊本・宮崎両県の青柳茶が有名である。…

※「挽茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

挽茶の関連キーワード特製切り羊羹宇治(市)鶯羹・鴬羮てんぷら煎茶道白玉粉そば茶会九重散茶茶通引茶

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android