粉茶(読み)こなちゃ

知恵蔵mini「粉茶」の解説

粉茶

煎茶をつくる時に派生物として出来るのように細かい葉のこと。茶葉を粉砕し粉にした「粉末茶」とは違い、淹れた後に細かい茶葉が残る。また同じく粉状の「抹茶」は材料・製造法が異なる。一般の茶より安価で、かつ味も良いものが多い。短時間で淹れられ、強くさっぱりとした味で、鮮やかな緑色となるという利点がある。昔から、寿司屋で出すアガリ用によく利用されてきた。粉茶は、煎じて成分を抽出する一般の日本茶と違い茶葉そのものも摂取するため、近年では日本茶に含まれるカテキンポリフェノール、ビタミン他の有効成分を効率よく取り入れることが出来るとされている。

(2013-8-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典「粉茶」の解説

こ‐ちゃ【粉茶】

〙 粉にした茶。また、くだけて粉となった茶。こな茶。
※御湯殿上日記‐明応六年(1497)五月一一日「さいりんゐんよりあふらの物一をり、ひきたるこちやまいる」

こな‐ちゃ【粉茶】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

飲み物がわかる辞典「粉茶」の解説

こなちゃ【粉茶】


緑茶一種玉露煎茶の製造過程で、粉状に細かくなったものを茶葉からふるい分けて集めたもの。茶の成分が浸出しやすく、味わいの濃い茶になる。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「粉茶」の解説

こ‐ちゃ【粉茶】

もみ砕いて細かくした茶。また、粉状になった茶。こなちゃ。

こな‐ちゃ【粉茶】

緑茶をふるい分けたあとに残った粉状の茶。こちゃ。
[類語]日本茶緑茶グリーンティー煎茶玉露番茶ほうじ茶玄米茶碾茶てんちゃ抹茶碾き茶薄茶お薄濃い茶芽茶葉茶茎茶銘茶粗茶渋茶新茶空茶からちゃ出涸らし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の粉茶の言及

【緑茶】より

…いずれもまるく縮んだ勾玉(まがたま)状を呈し,上級品は香り・味ともにすぐれている。以上のほかに,芽茶(めちや),粉茶,茎茶(くきちや)と呼ばれるものがある。いずれも玉露,挽茶,煎茶の精選工程でふるい分けられたもので,芽茶は小さな玉状,粉茶は送風選別により,茎茶は木茎分離機にかけて分離された茎や葉脈である。…

※「粉茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android