コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿頭の花 かざしのはな

2件 の用語解説(挿頭の花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挿頭の花
かざしのはな

挿頭 (うず) ともいう。頭飾りの一種。平安時代以降,神事や饗宴の際に冠や頭髪に挿した花枝や造花のこと。のちのかんざしの起源をなす。造花は紙や糸,あるいは金属類でつくった。官位や儀式によって花の種類が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かざしのはな【挿頭の花】

髪や冠にさす花や草葉。
舞人や陪従べいじゆうの冠にさす造花。儀式や官位によって定まったものを用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挿頭の花の関連キーワードヘア髪冠髪状髪・首・頭梳き蒼顔撥・溌・潑・発・發・醗・醱・鉢・髪・髮短め早少女深除ぎ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone