捨身の行(読み)シャシンノギョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃしん【捨身】 の 行(ぎょう)

① 仏語。身命を捨てて仏道を求める修行。
※平家(13C前)灌頂「捨身の行になじかは御身ををしませ給ふべき」
② わが身を傷つけて米銭の喜捨を乞うて歩くこと。
浮世草子・傾城禁短気(1711)二「捨身(シャシン)の行(ギャウ)、腕香など焼て、〈略〉銭をむさぼらば、せめては後世の助共成べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android