コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃除機 ソウジキ

2件 の用語解説(掃除機の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうじ‐き〔サウヂ‐〕【掃除機】

ほこりやごみなどを取り去る機械。特に、電気掃除機のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

掃除機
そうじき

屋内のごみやほこりを除去し、清潔にする機具。電動機で真空をつくり、ごみやほこりを吸い込む電気掃除機(バキューム・クリーナー)が一般的である。電気掃除機は、ごみやほこりを舞いたてることが少なく、戸や窓を閉め切っても掃除ができるうえ衛生的でもある。じゅうたん掃除の必要からも、需要が多くなった。家庭電化器具としては比較的古く、1924年(大正13)輸入品が展示された記録があるが、国産化は31年(昭和6)で、きわめてわずかの家庭でしか使われていなかった。その後1950年(昭和25)にはわずか5000台、0.02%の普及率であったが、家電製品ブームに伴って普及も進み、85年には97.4%になっている。1990年(平成2)には98.1%となり、以後この水準が続き、2004年も98.1%である。[榊 道治]

構造

毎分2万回転以上のモーターでファンを回して真空をつくり、ごみやほこりをフィルターで分離し、空気だけを排気孔から出す仕組みである。吸い口はブラシになっていて、プラスチックの延長管と自在に曲がるホースとで本体につながる。フィルターには、濾紙(ろし)や化繊が使われ、吸い込み力が弱まらないくふうがされている。さらに、ごみが捨てやすい機構も考えられ、使い捨ての紙袋がフィルターの役目をしているものもある。また吸い口も、単純な形のものから、じゅうたん用にエアタービンやモーターで回転ブラシを回してごみをとるものまである。[榊 道治]

種類

ポット・タイプ、シリンダー型のフロア・タイプ(床移動型)、アップライト・タイプ(箒(ほうき)型)、ハンド・タイプ(携帯型)などがある。現在の家庭用の主流はフロア・タイプで、ごみ処理方法などにもくふうがなされ、500ワット前後のものが主になっている。アップライト・タイプは、じゅうたんなどの床面掃除に適している。ハンド・タイプは、階段、机上、小面積の掃除に適し、二台目として使われることが多い。特殊な型としては、本体を固定したまま各部屋に配管して、ホースだけを移動し、各部屋に設置した吸込部を使って掃除するセントラル・クリーナーや、汚水を吸うことのできるクリーナーもある。
 電気掃除機の性能は定量的に測定できないが、JIS(ジス)(日本工業規格)によって「吸込仕事率」という値が規定され、吸込能力の目安として使われている。[榊 道治]
 吸い込んだごみを集塵ケース内の空気の渦で分離する、紙袋不要のサイクロン方式の掃除機や、室内を自動的に動き回って掃除するロボット式のものも現れている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掃除機の関連情報