コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掘(り)抜(き)井戸 ホリヌキイド

2件 の用語解説(掘(り)抜(き)井戸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほりぬき‐いど〔‐ゐど〕【掘(り)抜(き)井戸】

地下の不透水層に達するまで深く掘って、その下の被圧地下水を湧き出させる井戸。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

掘抜井戸【ほりぬきいど】

地下の不透水層の下の滞水層まで掘り抜いた深井戸。被圧水井にあたる。火山麓,向斜構造からなる沖積平野などでは自噴井となることが多い。
→関連項目井戸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の掘(り)抜(き)井戸の言及

【井戸】より

… 井戸は掘削方法,採水方法,構造などによって呼び名も多種多様であるが,一般に手掘りの竪井戸を浅井戸というのに対し,機械掘りの竪井戸を深井戸という。深度による区分ではなく,前者が不圧地下水(自由地下水ともいう)を対象とするのに対し,後者は被圧地下水を対象とし,俗に掘抜井戸と呼ばれていた。英語ではアーテジアン・ウェルartesian wellというが,これは1126年に北フランスのアルトアArtoisで初めて掘られたためである。…

※「掘(り)抜(き)井戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

掘(り)抜(き)井戸の関連キーワード自噴大鑽井盆地帯水層宙水透水層被圧地下水ブランケット自由地下水不透水層鑽井盆地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone