コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い〔ゐ〕【井】

井戸。掘り抜き井戸。
湧(わ)き水や川の流水を汲み取る所。「走り」「山の

しょう【井/正/生/声/姓/性/青/政/星/省/清/聖/精/請】[漢字項目]

〈井〉⇒せい
〈正〉⇒せい
〈生〉⇒せい
〈声〉⇒せい
〈姓〉⇒せい
〈性〉⇒せい
〈青〉⇒せい
〈政〉⇒せい
〈星〉⇒せい
〈省〉⇒せい
〈清〉⇒せい
〈聖〉⇒せい
〈精〉⇒せい
〈請〉⇒せい

せい【井】

いげた。また、その形。
二十八宿の一。南方の第一宿。銀河の左岸にあり、双子座のμ(ミュー)付近で井の字の形に見える八星をさす。ちちりぼし。井宿。

せい【井】[漢字項目]

常用漢字] [音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]
〈セイ〉
いど。「井蛙(せいあ)鑿井(さくせい)油井
人家の集まっている所。「市井
きちんと区切ったさま。「井然」
「井」の字の形。「井目・井田法」
〈ショウ〉「井」の字の形。「天井(てんじょう)
[名のり]きよ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

い【井】

井戸。掘り井戸。
泉や地下水をためた水汲み場。 「安積香山影さへ見ゆる山の-の/万葉集 3807

せい【井】

いど。い。また、いげた。
二十八宿の一。南方の星宿。井宿。ちちりぼし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【井戸】より

…用水として地下水を得るために地中に掘られた穴を井戸という。ただし特殊目的の井戸には地下水調査用の観測井,地下水を人工涵養する涵養井,工場廃水などを地下処理する注入井などがある。…

※「井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

井の関連キーワード虹の女神 Rainbow Songさく井工事(建設業許可の一種)スチームドライブ法井蛙大海を知らず柄井八右衛門甘井先ず竭く川柳(初代)高麗井酔逸日置蓑麻呂床井親徳井鳥為長井鳥為信沙井遺跡白猪広成ちちり星しおとり道島調心井底の蛙揚水井戸注入井戸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井の関連情報