コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 イ

6件 の用語解説(井の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い〔ゐ〕【井】

井戸。掘り抜き井戸。
湧(わ)き水や川の流水を汲み取る所。「走り」「山の

しょう【井/正/生/声/姓/性/青/政/星/省/清/聖/精/請】[漢字項目]

〈井〉⇒せい
〈正〉⇒せい
〈生〉⇒せい
〈声〉⇒せい
〈姓〉⇒せい
〈性〉⇒せい
〈青〉⇒せい
〈政〉⇒せい
〈星〉⇒せい
〈省〉⇒せい
〈清〉⇒せい
〈聖〉⇒せい
〈精〉⇒せい
〈請〉⇒せい

せい【井】

いげた。また、その形。
二十八宿の一。南方の第一宿。銀河の左岸にあり、双子座のμ(ミュー)星付近で井の字の形に見える八星をさす。ちちりぼし。井宿。

せい【井】[漢字項目]

常用漢字] [音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]
〈セイ〉
いど。「井蛙(せいあ)鑿井(さくせい)油井
人家の集まっている所。「市井
きちんと区切ったさま。「井然」
「井」の字の形。「井目・井田法」
〈ショウ〉「井」の字の形。「天井(てんじょう)
[名のり]きよ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

い【井】

井戸。掘り井戸。
泉や地下水をためた水汲み場。 「安積香山影さへ見ゆる山の-の/万葉集 3807

せい【井】

いど。い。また、いげた。
二十八宿の一。南方の星宿。井宿。ちちりぼし。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【井戸】より

…用水として地下水を得るために地中に掘られた穴を井戸という。ただし特殊目的の井戸には地下水調査用の観測井,地下水を人工涵養する涵養井,工場廃水などを地下処理する注入井などがある。…

※「井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

井の関連キーワード常用漢字表

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井の関連情報