コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歯舌 しぜつradula

翻訳|radula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歯舌
しぜつ
radula

軟体動物に特有の摂餌器官。餌をかきとる役目をする。ただし二枚貝綱はこれを欠く。舌は咽頭にある筋肉質の口球の内部にあり,クチクラ質の紐状の基底膜の上に小さな多くの歯がやすり状に並ぶ。これを口から突き出して食物をかきとり口内に運ぶ。歯舌の前端の歯が磨耗すると脱落し,後端から新しい歯舌経がつくりだされていく。歯は中歯,側歯,縁歯に分化して横1列に並び,さらにそれが何重にも前後に並び,わさび下ろしのようになる。歯数は数万に達する種もある。歯舌の歯数や形態は分類系統上重要な特徴である。1横列の歯数 (縁歯-側歯-中歯-側歯-縁歯) は,単板綱は5-1-5,多板綱は8-1-8,掘足綱は2-1-2,腹足綱の原始腹足類は主として∞-5-1-5-∞ (∞は多数を示す) ,中腹足類は2-1-1-1-2,新腹足類は主として1-1-1,頭足綱は1-3-1-3-1である。腹足綱のイモガイ類では歯舌歯が針のように特殊化しており,これを餌となる動物に突刺し,毒を注入して殺して食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐ぜつ【歯舌】

二枚貝を除く軟体動物の口腔内にある、やすり状の歯。これで食物をかきとる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

歯舌【しぜつ】

二枚貝類を除く軟体動物の口球(消化管先端のふくらんだ部分)中にあるやすり様の帯状物。食物をかきとる働きをする。キチン質の基底膜上に無数の小歯が横列をなして並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜつ【歯舌】

斧足おのあし類を除く軟体動物の口腔内にあるやすり状の舌。食物をかきとる働きをする。舌紐ぜつちゆう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の歯舌の言及

【歯】より

…動物の消化器の一部で,おもに食物のかみ切りや,かみ砕きをする硬い器官。無脊椎動物では,多毛類,ワムシ類,昆虫類などの口,ザリガニの胃,軟体動物の歯舌(しぜつ)radula,ウニのアリストテレスの提灯(ちようちん)など,さまざまな動物のさまざまな場所に歯と呼ばれるものがある。これらはキチン,ケイ酸,炭酸石灰などでできているため,食物の取りこみや消化に適した硬い質を共通してもっている。…

※「歯舌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歯舌の関連キーワードサカマキガイ(逆巻貝)テンニョノカムリガイタガヤサンミナシガイタガヤサンミナシシロレイシダマシクロミナシガイメリベウミウシアンボイナガイアンモナイト類マダラウミウシたがやさん身無鉄刀木身無貝アンモナイトアンボイナ貝イトカケガイカタツムリカセミミズヒザラガイツメタガイアンボイナ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歯舌の関連情報