コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛(け)/懸(け) カケ

デジタル大辞泉の解説

かけ【掛(け)/懸(け)】

[名]
売り値に対する卸値。また、本来の値段に対する、値引きして売る値段の割合。
掛け売り」「掛け買い」の略。「―で買う」
売掛金」「買掛金」の略。「―がたまる」
掛け蕎麦(そば)」「掛け饂飩(うどん)」の略。
打ち掛け」の略。
「黒塗りの箪笥(たんす)から―を出して女に着せた」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス
掛け布団(ぶとん)」の略。
相撲で、足を相手の足に掛けて倒す技の総称。内掛け・外掛けなど。
女帯の、締めはじめるほうの端。
名詞について、かけること。また、かけるもの。「洋服―」
10 言葉に掛けて言うこと。
「児(こ)らが名に―のよろしき朝妻の片山崖(ぎし)に霞たなびく」〈・一八一八〉
11 掛け緒。
「折烏帽子に―して」〈義経記・二〉
[接尾]
動詞の連用形に付く。
㋐動作が途中である意を表す。「読み―」「食べ―」「吸い―」
㋑その動作が起ころうとする直前の状態であることを表す。「つぶれ―」
㋒その動作のついでである意を表す。「帰り―」
助数詞。
㋐一人で担ぐ程度の物を数えるのに用いる。
「衣櫃(きぬびつ)二―にてあるを」〈・松風〉
㋑細長いものを数えるのに用いる。
「中御門御亭へ馬手綱、二―、弁に一―」〈言継卿記
㋒掛け鯛を数えるのに用いる。
「親仁には、角樽一荷に塩鯛一―、銀一枚」〈浮・永代蔵・六〉

がけ【掛(け)/懸(け)】

[接尾]
名詞に付く。
㋐それを身につけている意を表す。「たすき―」「ゆかた―」
㋑(「心」あるいはそれに類する語に付いて)心の中にいつもあることを抱いている意を表す。「心―」「思い―ない」
㋒それを賭けることを表す。「命―」

㋐人数を表す語に付いて、その人数だけ腰かけられることを表す。「三人―の椅子」
㋑漢語の数詞に付いて、その数の割合であることを表す。「定価の八―で卸す」
㋒和語の数詞に付いて、その数だけの倍数であることを表す。「その五つ―」
動詞の連用形に付いて、その動作の途中、その動作のついで、の意を表す。「帰り―」「行き―の駄賃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛(け)/懸(け)の関連キーワード奈良県磯城郡川西町吐田掛取引(売掛・買掛)下掛かり・下掛りファクタリング勘解由小路資生稲掛け・稲掛葛掛け・葛掛広沢 真臣一井 正典長田作兵衛打掛烏帽子ベルト伝動ロープ伝動鎖伝動装置罠に落ちる売掛債権松平近直稲垣棟庵数珠掛鳩井戸弘道

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android