コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱える カカエル

デジタル大辞泉の解説

かか・える〔かかへる〕【抱える】

[動ア下一][文]かか・ふ[ハ下二]
物を囲むように腕を回して持つ。胸にだくようにして持つ。「ひざを―・えて座る」「包みを小脇に―・える」
自分の負担になるものをもつ。厄介なもの、世話をしなければならないものを自分の身に引き受ける。「多くの負債を―・えて倒産する」「妻子を―・えて路頭に迷う」
人を雇う。雇って使う。「運転手を―・える」
その範囲の内にもつ。また、まわりを囲む。「湾を―・えた地勢」
かばう。保護する。
「流罪せられよと、公家に申ししかども、君―・へ仰せられしを」〈古活字本平治・下〉
今の状態を保ちつづける。維持する。
「今一両日は―・へて見申し候ふべし」〈信長記・三〉
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→抱(かか)ゆ
[用法]かかえる・だく――「人形をかかえる(だく)」などでは相通じて用いられる。◇「かかえる」は荷物などを腕でんで、胸や脇に持つこと。「かばんを小脇にかかえる」「大きなふろしき包みを両手でかかえる」のように用いる。また、抽象的に「三人の遺児をかかえて途方に暮れる」「借金をかかえる」などとも用いる。◇「だく」は赤ん坊や恋人などを胸のところで支え持つ意。「幼子キリストを胸にだくマリア」「病児をしっかりとだいている母親」「強くだいて!」「鳥が卵をだく」などと一般に用いられる。この場合「かかえる」では置き換えられない。◇「だく」の類似の語に「いだく」がある。「いだく」は、やや古い語であるとともに、心の中にある感情・考えをもつ意味もあり、「おそれをいだく」「大志をいだく」などと用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かかえる【抱える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 かか・ふ
物を腕で囲むようにして胸にだいたり、脇の下にはさんだりして持つ。 「大きな箱を両手で-・えている」 「書類を小脇に-・える」 「難問続出で、頭を-・えてしまう」 「膝を-・えている」 「腹を-・えて笑う」 「すきっ腹を-・えてさまよう」
人を雇って家族や会社の一員とする。召しかかえる。 「庭師を-・える」 「大勢の店員を-・えている大店」
自分の負担となるような人を家族の一員としてもつ。 「両親と五人の子供を-・えて、生活に追われる」 「病人を-・えている」
処理・解決しなければならないことをもつ。 「巨額の借金を-・えて経営が行きづまる」 「難問を-・えている」 「紛争の火種を-・えている」
内部に含む。 「汗の香すこし-・へたる綿衣の薄きを/枕草子 44
罪をかばう。 「山門の大衆あげて『流罪せられよ』と公家に申ししかども、君-・へ仰せられしを/平治 下・古活字本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抱えるの関連キーワードERM(Employee Relationship Management)エドワーズ:右手のための3つのピアノ小品集/piano soloナビスコ・グループ・ホールディングズ[会社]明治安田生命保険[相互会社]新華通信社(国営新華社通信)子ども若者育成支援推進法浦和レッドダイヤモンズオペレーショナルリスク子どもの貧困対策大綱ソーシャルビジネスアスペルガー症候群トム・K. ウルフドロップシッピング東南アジアと中国傾聴ボランティア雨の音がきこえる水中スクーター政府系ファンド臨床発達心理士グループワーク

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抱えるの関連情報