コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

提琴 ていきん

3件 の用語解説(提琴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

提琴
ていきん

弦楽器。 (1) 中国では胡琴の一種。2複弦の後軫円筒木槽胴で蛇皮面のものをいう場合と,2弦の側軫半球型椰槽胴で桐面のものをいう場合とがある。 (2) 沖縄で,中国から移入した胡弓をいい,現在でも胡弓の古称として用いることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐きん【提琴】

バイオリン
日本の明清楽(みんしんがく)に用いる弦楽器。胡弓(こきゅう)の類で、半球状の胴に蛇皮を張り、2弦または4弦を張り渡したもの。
中国の弦楽器で、胡弓の一種。円筒形の木製胴に蛇皮を張り、4弦を張り渡したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていきん【提琴】

中国の擦弦さつげん楽器(胡琴)の一種。形状・材質は時代・地域により各様で、一般には四胡しこに似た四弦のもの、広東地方では椰胡やこ(半割の椰子殻に板張りの胴)をさす。日本の明清楽・沖縄音楽では、胴が半球状板張りのものを用いる。
バイオリンの訳語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone