コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

提琴 ていきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

提琴
ていきん

弦楽器。 (1) 中国では胡琴の一種。2複弦の後軫円筒木槽胴で蛇皮面のものをいう場合と,2弦の側軫半球型椰槽胴で桐面のものをいう場合とがある。 (2) 沖縄で,中国から移入した胡弓をいい,現在でも胡弓の古称として用いることがある。 (3) 日本の明清楽で,2弦側軫半球型椰槽胴で桐面のものをいうが,2複弦左右軫のものもあった。 (4) バイオリン訳語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐きん【提琴】

バイオリン
日本の明清楽(みんしんがく)に用いる弦楽器。胡弓(こきゅう)の類で、半球状の胴に蛇皮を張り、2弦または4弦を張り渡したもの。
中国の弦楽器で、胡弓の一種。円筒形の木製胴に蛇皮を張り、4弦を張り渡したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていきん【提琴】

中国の擦弦さつげん楽器(胡琴)の一種。形状・材質は時代・地域により各様で、一般には四胡しこに似た四弦のもの、広東地方では椰胡やこ(半割の椰子殻に板張りの胴)をさす。日本の明清楽・沖縄音楽では、胴が半球状板張りのものを用いる。
バイオリンの訳語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

提琴の関連キーワード勤・謹・今・僅・勤・均・巾・懃・斤・欣・欽・琴・禁・禽・筋・緊・菌・衾・衿・襟・謹・近・金・錦地域活動支援センターがん対策情報センター時間外選定療養費特別利益の提供東儀 哲三郎擦弦楽器半割各様

提琴の関連情報