コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壊れる/毀れる コワレル

デジタル大辞泉の解説

こわ・れる〔こはれる〕【壊れる/毀れる】

[動ラ下一][文]こは・る[ラ下二]
力が加えられて物のもとの形がゆがんだり失われたりする。物が砕けたり、破れたりする。破壊される。「箱が―・れる」「茶碗が粉ごなに―・れる」「台風で家が―・れる」
機能に故障が起きる。本来の働きを失って役に立たなくなる。「無電装置が―・れる」「水道の蛇口が―・れる」
まとまっていた物事・状態がうまくいかなくなる。「縁談が―・れる」「気分が―・れる」「バランスが―・れる」「党内の結束が―・れる」
もとの成分が失われる。「熱を加えると有効な成分が―・れる」
高額の貨幣が小額の貨幣になる。「千円札に―・れませんか」
俗に、言動が正常でなくなり日常生活に支障が生じる状態になる。精神に異常を感じる状態になる。「突然の伴侶との死別で夫が―・れていく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

壊れる/毀れるの関連キーワード柏崎刈羽原発の原子炉許可取り消しを求めた行政訴訟多クォーク中間子・バリオニウムデクロワゾー石(データノート)シュレーディンガーの猫disc crashフィルター付きベントクラスティクニックガラス質砕屑状組織LINE ポコパンクラストレーション特発性大腿骨頭壊死オーバークロックGパリティの保存火山砕屑状組織デコヒーレンスフィードバックテルル132凍結破砕作用鉛筆スレートテウチグルミ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android