コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壊れる/毀れる コワレル

1件 の用語解説(壊れる/毀れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こわ・れる〔こはれる〕【壊れる/毀れる】

[動ラ下一][文]こは・る[ラ下二]
力が加えられて物のもとの形がゆがんだり失われたりする。物が砕けたり、破れたりする。破壊される。「箱が―・れる」「茶碗が粉ごなに―・れる」「台風で家が―・れる」
機能に故障が起きる。本来の働きを失って役に立たなくなる。「無電装置が―・れる」「水道の蛇口が―・れる」
まとまっていた物事・状態がうまくいかなくなる。「縁談が―・れる」「気分が―・れる」「バランスが―・れる」「党内の結束が―・れる」
もとの成分が失われる。「熱を加えると有効な成分が―・れる」
高額の貨幣が小額の貨幣になる。「千円札に―・れませんか」
俗に、言動が正常でなくなり日常生活に支障が生じる状態になる。精神に異常を感じる状態になる。「突然の伴侶との死別で夫が―・れていく」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone