コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損益相殺 そんえきそうさい

世界大百科事典 第2版の解説

そんえきそうさい【損益相殺】

不法行為,債務不履行による損害賠償の算定にあたって,被害者または債権者が損害をこうむった反面,その損害に関連して利益をも得ている場合における損害賠償額の調整方法。被害者または債権者が受けた利益額を損害賠償額から控除する。民法の条文上認められているものではないが,損害賠償が現実にこうむった損害の回復を目的としているものであることから,学説・判例上異論なく承認されている。たとえば,不法行為によって建物が焼失した場合,被害者に支払われた火災保険金額を,加害者から被害者に支払われる損害賠償額から控除することになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

損益相殺
そんえきそうさい

債務不履行や不法行為で損害を被った者が、その反面、同じ原因で利益を受けている場合には、損害賠償額のなかからこの利益を控除しなければならない、とする法原則。たとえば、生命侵害の場合、被害者は得るはずであった収入を失うが、被害者自身の生活費の支出を免れるから、賠償額のなかからこの部分を控除しなければならない。しかし、幼児が不法行為により死亡した場合には、親は養育費の支出を免れるが、これは幼児の損害賠償を算定する際に控除してはならない、というのが判例である。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

損益相殺の関連キーワード淡路剛久

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android