摂取不捨(読み)せっしゅふしゃ

精選版 日本国語大辞典「摂取不捨」の解説

せっしゅ‐ふしゃ【摂取不捨】

〘名〙 仏語。仏が衆生を救いとって、見捨てないこと。彌陀救済をいう。
※往生要集(984‐985)大文三「彼仏光明、遍照法界念仏衆生、摂取不捨」
平家(13C前)三「誠に来迎引摂の願もこの所に影向をたれ、摂取不捨の光も此大臣を照し給ふらむとぞみえし」 〔観無量寿経

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「摂取不捨」の解説

せっしゅ‐ふしゃ【摂取不捨】

仏語。阿弥陀仏がその光明の中に念仏の衆生しゅじょうを救いとって捨てないこと。阿弥陀仏の救済をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android